内科・呼吸器内科・消化器内科 いずみ内科クリニック Izumi Medical Clinic

院長 杉山 憲義(すぎやま のりよし)医学博士・内科・消化器内科・アンチエイジング外来

院長 杉山 憲義
略歴

・昭和37年沼津東高校卒業

・昭和43年岩手医科大学医学部卒業

・昭和45年(財)癌研究会附属病院勤務(内科医長)

・昭和57年「いずみ消化器内科医院」

(現:いずみ内科クリニック)開業

専門分野

・内科・消化器内科・アンチエイジング外来

資格

・医学博士

・日本消化器内視鏡学会認定指導医

・日本抗加齢学会専門医

現職

・沼津内科医会会長

・沼津医師会胃がん検診委員会委員長

「病める弱める悩めるを 救わん仁の術ここに」
これは、大学校歌の一節です。
この言葉を 常に胸に秘めつつ 日々の診療に励んでいます。

大学卒業後、恩師 海藤教授に直訴して、黒川利夫院長の元に内地留学。
(財)癌研究会附属病院内科で日本の胃癌研究の3巨人、レントゲンの熊倉・内視鏡の高木・病理の中村、今も燦然と輝く胃癌の診断の礎を作られた先生方の下で 「スキルス胃癌の撲滅」を旗印に研鑽して、一定の成果を上げ、それを郷里の裾野で、実地医療に生かして、35年前に「いずみ消化器内科医院」を開院いたしました。
そして今も、沼津医師会の胃癌検診委員会委員長として、内視鏡検診の道づくりに励んでいます。

一方で、地域医療の中で特に生活習慣病(糖尿病・高血圧・高脂血症)の診断と治療にも、力を入れて診療しています。
今、日本人の平均余命は世界に冠たるものですが、一方で健康寿命は其れを下回ること10年もあるという有様です。
これをなんとかしたいと、抗加齢学会(アンチエイジング)に積極的に参加して、昨年から専門医を取得して何とか 実地医療に役立たせないかと思っています。
未病の状態で、本人とともに歩み 快活な老後を生活できないものかと、新医院建設を期にアンチエイジング外来で 「豊かな老いを生活する」をともに目指してゆきたいと願っています。

副院長 杉山 憲弘(すぎやま のりひろ)医学博士・内科・呼吸器内科

院長 杉山 憲義副院長 杉山 憲弘
略歴

・1994年静岡県立沼津東高校卒業

・2000年東京医科大学医学部医学科卒業

・2001年~東京医科大学病院呼吸器内科

・2010年~裾野赤十字病院内科

・2014年~裾野赤十字病院内科部長

・2015年~「いずみ内科クリニック」

専門分野

・内科・呼吸器内科

資格

・医学博士・日本内科学会総合内科専門医

・日本抗加齢学会専門医・日本医師会認定産業医

・身体障害者福祉法による指定医師(呼吸機能障害)

所属学会

・日本内科学会・日本呼吸器学会

・日本消化器内視鏡学会・日本抗加齢学会

地域のホームドクターとして
患者様に寄り添った医療を目指します

大学病院で約10年間、呼吸器内科を中心として医療に携わってきました。
2010年、裾野に戻り裾野赤十字病院にて内科医として研鑽を重ね、現在、いずみ内科クリニックにて内科・呼吸器内科領域を中心に、幅広く診療を行っています。
2017年には、抗加齢学会専門医を取得。よりよい医療を提供できるよう日々精進してまいります。

地域住民の皆様にとって気軽に相談できる「かかりつけ医」を目指し、わかりやすい説明と丁寧な診察を大切にしていきます。

何となく体調が優れない・検査で異常はないが不調が続くなどでも、お気軽に相談ください。

「Happy People, Live Longer」
~心楽しく、笑顔で暮らしていく~

医療の進歩し寿命が延びている近年では、「長く生きる」だけでなく「生涯自立した生活を送る」ことが求められる時代といえます。
皆様が、生涯を心楽しく笑顔で暮らしていけるお手伝いができるよう「病気を治療する」ことはもちろん、「病気を未然に防ぐ」「自立した生活を維持する」という予防医学にも力を入れていきたいと考えています。

健康診断・予防接種・禁煙外来・アンチエイジング医学に興味のある方など是非ご相談ください。